ねんがんの あかだんいをてにいれたぞ!

やっとこの日が来た. beatmania IIDX には, 7th style より段位認定モードが搭載されている. 9th style からはカードに自分のプレイ履歴を記録することができ, ゲーム開始時には自分のプレイ履歴などが表示される. 段位が級位のときは緑, 初段から八段のときは青, 九段および十段は赤, そして, 13 DistorteD から実装された皆伝は金色で自分の段位が表示される. このため, 九段や十段のことを赤段位と呼ぶこともある. なお, 九段以降はある程度日数が経過してから挑戦できるようになるのが通例である.

Lincle 稼働開始から約 2 か月が経過した 2011 年 11 月 30 日に九段と十段に挑戦できるようになったのだが, 曲目を見ると, SP については, ここ最近のシリーズから比べれば若干易化したように見えた. SP については全 4 曲をグルーブゲージを 0 にすることなく演奏できれば合格となるが, 段位認定モードであれば何とかゲージを 0 にせずに済みそうなラインナップとなっていた. 何といっても, 物量で攻める曲目 (No. 13, waxing and wanding, B4U(BEMANI FOR YOU MIX) など) や, 瞬間的に複雑な運指が求められるボス曲 moon_child の存在がなくなっているのが大きい.

そして, 挑戦した結果... アーケードにおいては初めて SP 九段に合格できた. 達成率はかなり低いが, それが自分の実力ということだろう (達成率は, 15 DJ TROOPERS からは曲終了時の残りゲージではなくプレイ結果(GREAT や POOR などの判定の数) に依存する値になったため, 終わりがよければ達成率が高いということはなくなっている). ライバル登録している人たちが次々と九段を取得していっていたから正直置いてきぼりを食った感があったが, ようやく追いついた.

次は DP 七段に何としても合格したい. しばらく DP はやっていなかったから, 早く勘を取り戻したいところ. EXPERT コース I LOVE DP については,
NORMAL 譜面で HARD クリアを達成できたから, 低密度の譜面はまだこなせているみたいだ.

コメントを残す