中学生将棋棋士の誕生

将棋界に新風が吹き荒れる. 久々の中学生棋士の誕生だ.

現行の制度でプロ棋士になるためには原則として新進棋士奨励会に入会し (入会するだけでもアマチュア三段程度の棋力が必須であり, それでも新進棋士奨励会では 6 級相当である.), 既定の勝ち星を挙げて三段に昇段することで三段リーグに編入され, 半年かけて行われる三段リーグで上位 2 名に入賞 (あるいは 3 位を 2 回獲得) する必要がある. なお, この条件を満たすことによって翌半期の1日付(毎年 4 月 1 日または 10 月 1 日)で四段昇段, プロ棋士となる. なお, 三段リーグを一定の年齢になる前に勝ち抜けることができなければ新進棋士奨励会は退会する規定となっており, その年齢制限に泣いた者もいる. 瀬川晶司五段, 今泉健司四段は年齢制限で新進棋士奨励会を退会することになったが, 三段リーグを勝ち抜けるよりも難しいとされる編入試験を突破 (現役のプロ棋士相手に勝ち越しを決める) してプロ棋士となった. そのような例は大昔に遡っても一例あったのみである (花村元司九段・編入時は五段).

前置きが長くなったが, 今期の三段リーグで見事優勝したのは中学生の藤井聡太三段である. 現行の制度で中学生棋士となったのは渡辺明竜王以来 2 人目である. 渡辺明竜王が実際に昇段したのは高校入学と同時であったことから, 本当の意味で中学生棋士となったのは初である. 過去に加藤一二三九段 (元名人), 谷川浩二九段 (十七世名人有資格者), 羽生善治三冠 (タイトル永世六冠および名誉NHK杯選手権者) が中学生棋士となったが, 加藤一二三九段の時はリーグ戦の人数がずっと少なく, 谷川浩二九段, 羽生善治三冠は既定の勝星(9連勝あるいはいいところ取りで13勝4敗)をあげることによる昇段であった. これらの条件よりも, 三段リーグを突破する方が難易度が高いといわれている.

渡辺明竜王を含む中学生棋士は, 後に名人, 竜王といったタイトルを手にしている. 藤井聡太新四段も遺憾なく才能を発揮し, タイトルを取るまでになるだろう. なお, 藤井聡太新四段は詰将棋の回答者としてもかなり名を知られており, 詰将棋解答選手権チャンピオン戦で優勝した経験がある. 終盤の腕力は相当のものであろう.

新天地へ

2016 年 7 月 1 日付で異動となりました. 次の赴任場所は仕事として赴くのは初めてです.期待と不安が入り混じっていますが, 同期生に早速歓迎会を開いていただけるとのことで, ちょっと安心しています.

引越の荷造りがあるので, 次回は作業が落ち着いてからの投稿とします.

最後に, 現在の職員に感謝の意を記して末筆にしたいと思います.

家を買いました

国家公務員は転勤が結構な頻度であり, 私が勤めているところは転勤がほとんど転居を伴うものであることから, 家は欲しいけど買っても住めないよな... などと思っていました. しかしながら, 昨今の金利の安さはそうそう長く続くものとは思えず, ローンを組んだとして, 在職中に返済を済ませるのならば今決断しないと間に合わないとも考えていました.

結局, 実家の事情等々を鑑み, 買っておいたほうが得であるという結論に達したので家の購入を決断. 本日, 晴れて一家の主となりました.

在職中に買った家に住む機会はあまりないような気がしますが... くつろげる家ができたのはありがたいことです.

Maxima で任意の正方行列を相似変換で Jordan 標準形に変形する

任意の正方行列 M は適当な正則行列 P を用いて相似変換することにより Jordan 標準形 J を得ることができる. Jordan 標準形とは Jordan 細胞を対角成分に並べたもの正方行列である. Jordan 細胞は, 対角成分が任意の値, 対角成分の列番号を 1 のみ増やした成分が存在すれば, その成分が 1, その他の成分が 0 になっている正方行列である. 少し砕けた表現にすると, ジョルダン標準形とは, 対角成分が任意, その隣の列の成分が 1 または 0, その他の成分がすべて 0 の対角行列であるといえる. なお, ジョルダン細胞の次数がすべて 1 の場合は相似変換後の行列の対角成分以外の成分がすべて 0 になる. このとき, 行列は対角化されたという. PMP-1=J (言い換えると, M=P-1JP) が成り立つような正則行列 P が見つかれば, M のべき乗は容易に計算できる.

さて, ジョルダン標準形に相似変換するための正則行列 Pを求めるには, M の固有ベクトルと自由度を求める必要がある. これを手計算で行うのは骨が折れる作業なので, 数式処理ソフトが使えるのならば, それに処理させたい. 筆者は Maxima を使えるので, それを使って処理させてみたい. Maxima にはライブラリが存在する. そのうちの一つ diag の中に必要な関数が組み込まれている. 手順を書くと次のとおりとなる.

  1. load("diag");
  2. M:matrix((snip));
  3. J:jordan(M);
  4. P:ModeMatrix(M,J);

jordan 関数は, 正方行列から Jordan 細胞の構成を表現したリストを得る関数である.

Windows 10 導入

Windows 8.1 を利用していたが, 保証期間がそれほど大差がない Windows 10 が無償リリースされるのを受け, 重い腰を上げてアップグレードを開始した..., が, アップグレードが中断されてしまい, Windows 8.1 に戻されてしまった. 仕方がないので, アップグレードではなくクリーンインストールできないか方法を探していたところ, Insider Preview がリリースされていたので, そちらを利用することにした. Windows 8 のライセンスは持っていることからインストール中の評価版は正式版リリースと同時に正規プログラムへ更新されるので,
問題は解決したといえる.

OS の更新に付きまとう問題は今のところ起きていない. プリンタもグラフィックボードも正常に動いている. 引き続き, ほかのソフトを更新したときに不具合が出ないかが気にかかる (特に, TeX や Perl, MSYS のからみ)

歩数計測の前の試運転

健康促進のために歩数を競い合うというイベントがあり, 主催者から万歩計を無償で借りることもできるが, 自らが任意の機器を用いて計測することも認められている.
そこで, SmartBand 2 SWR12 を使って計測することを考えているが, 一定のペースで実質的な移動を伴わないステップを踏み続ける (例えば, ルームランナーなど) と, なぜか自転車を運転していると認識されることがある. これでは, Dance Dance Revolution による歩数稼ぎに悪影響が出そうだ.

今年もお世話になりました

今年の更新は両手で足りる数だけになってしまいましたが, 気が向いたときに更新できればと思っています. 来年こそ初日の出を見たいのですが天気予報は残念なことになっているようです. 初日の出が撮影できたら, それを次回更新にしたいと思います.