統計検定準1級に合格しました

2018年6月に実施された統計検定の準1級に合格しました。

2018年6月実施分統計検定試験結果通知書
2018年6月実施分統計検定試験結果通知書

統計検定準1級合格証
統計検定合格証準1級

創設時の2011年のときは1級から4級までの4段階だったところ, 2015年から準1級が新設され, その初回に受験はしていたのですが当時は力が及ばなかっただけに感動も一入です.

準1級は5者択一マーク式(今回は24問)と記述試験(今回は数値のみの回答2問5か所, 小論述問題2問5項目, 論述試験1問)からなっているところ,
数値回答は致命的間違いがあって半分落とし、小論述問題は1問が空白、論述試験も 2 割 (さすがに空白はまずいと思いひねり出したものが1つ当たった)が
マーク式は 8 割方正解できたので、滑り込みで合格ラインに乗っかったというところでした。

統計検定は正確なボーダーラインと配点を公表していないので, 受験直後は完答できた人以外は合格発表までやきもきさせられるのですよね... 他の試験 (例えば, 情報処理技術者試験や放射線取扱主任者試験 (第1種及び第2種) は 6 割という情報を公表しているので, 統計検定もおそらくそれに倣っている (大学でも「可」の評価が出る) とは思いますが.

次は数学検定1級の再チャレンジです. 試験日は2018年7月22日(もうすぐ!)です.

TOEIC 受験

目が覚めたら会場に着くための電車の時間を過ぎていた...
仕方なく車で駅近くの駐車場へ行くことにした.
試験会場は某大手学習塾.
2 教室が会場割り当てられていて,
私が入ったのは社会人などの個人申込者の部屋のようだった.

肝心の試験は, リスニングは後半がダメ,
リーディングにいたっては 2/3 位が読み取れなかった.
前回をさらに下回る結果が出そうな予感.

センター試験を前に…

大学入試センター試験が明後日に開催されるということで, 私の出身学部の必要科目をチェックしてみた.
なお, 私が受けた平成10年度の試験で必要な科目は次の 5 教科 6 科目だった.

  • 国語Ⅰ・II
  • 数学
    • 数学Ⅰ・A
    • 次のうちの任意のひとつ
      • 数学II・B
      • 工業数学
      • 簿記・会計
  • 外国語の中から 1 つ
    • 英語
    • 中国語
    • 韓国語
    • フランス語
    • ドイツ語
  • 理科の中から次のうちの 1 つ
    • 物理ⅠB
    • 科学ⅠB
    • 生物ⅠB
    • 地学ⅠB
  • 地歴・公民の中から次のうちの 1 つ
    • 地歴
      • 世界史 B
      • 日本史 B
      • 地理 B
    • 公民
      • 現代社会
      • 倫理
      • 政治・経済

今回の平成 18 年度で必要な科目は... 5 教科 7 科目と増えていた.
理科が 2 科目必須となっていた. センター試験の制度上,
物理と地学を両方受験することは出来ないが,
平成 10 年度では同時受験不可能だった物理と生物が両方受験できるようになった.
明後日には問題が公表されるだろうから問題を解いてみようと思う.

なお, 平成 10 年度と平成 18 年度では科目名が異なっている.
私の出身大学受験に関わる部分に関しては次のとおり.

  • 国語Ⅰと国語Ⅰ・IIが国語に統合
  • 数学に情報関連基礎 (数学II・B との代替) が加わる
  • 理科の○○ⅠB が全て○○Ⅰに変更

"センター試験を前に…" の続きを読む