悲惨な一日

麻雀格闘倶楽部 7
の全国三麻サバイバルリーグで, ギリギリの点数で 3 回戦 (最終戦) に進んだときのこと.
点数は 1 半荘終了での原点 (25,000 点) からの差分で累積されていき,
3 回戦は強制的に 2 倍のスコアで計算される.
1 回戦勝ちぬけの条件は 20,000 点以上で終了すること,
2 回戦勝ちぬけの条件は 30,000 点以上で終了することであるから,
これらをギリギリのスコアでクリアすると,
3 回戦突入時の累計ポイントはスコアは 0 である.

このゲームの三麻のルールは通常の 4 人のときと比べて次の点が大きく異なる.

  • 萬子の中張牌がない.
  • チーは出来ない.
  • 筒子, 索子の 5 のそれぞれの牌について,
    4 枚中 2 枚が持っているだけでドラの扱いになる赤牌になっている.
    (このゲームの 4 人打ちの場合, 萬子を含めて赤牌が 1 枚ずつであるのが通常)
  • ドラ表示牌が一萬のときは九萬がドラになる.
  • 自風は東, 南, 西のどれか. 東家が終了すると, 次は西家となる.

持ち点が 0 点以下になるとゲーム終了となるのは他のルールと共通である.

東一局, 自分は西家. 東家と南家からリーチがかかった.
現物で下りる牌がなくなったので一萬を切ると, 先にリーチを掛けていた東家に大当たり...
リーチ, 対々和, 三暗刻, 表ドラ 2, 裏ドラ 2 の倍満を受けてのスタートとなった.
続く東一局一本場. 何とか 3 筒待ちの一気通貫を聴牌.
そこに引いてきた 9 筒.
上家の南家に筒子が少なく嫌な予感はしたが,
聴牌をとらないと終了してしまう可能性があるのでそのままツモ切りをしたら,
何と国士無双の 9 筒待ちだった...

なすすべもなく終了. 持ち点は -31,300 点となり,
累計ポイントは -7.26. ワースト記録である...

コメントを残す