官報に名前が載りました

官報 (平成 20 年 10 月 28 日号外 235 号) に本名が載っていました.
2008 年 (第 53 回) 第 1 種放射線取扱主任者試験の合格者一覧です.

でも, これって個人情報の保護に関する法律にある個人情報に該当しないのでしょうか.
個人情報の定義は次のように定められています.

この法律において「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、
当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの
(他の情報と容易に照合することができ、
それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいう。

私の名前は比較的マイナー (国内苗字別人口で 2,000 番台後半) なので,
名前を出されるだけである程度の個人情報の特定がなされてしまうのですが...

確認はしていませんが, 過去に 4 回ほど官報に自分の名前が載っているはずです.
その 4 回は...

  • 平成 16 年度国家公務員採用試験 I 種試験最終合格
  • 平成 16 年度国家公務員採用試験 II 種試験最終合格
  • 平成 12 年 (秋季だったはず...) 第二種情報処理技術者試験
    (平成 21 年度からの基本情報技術者試験に相当) 合格
  • 平成 18 年春季ソフトウェア開発技術者試験
    (平成 21 年度からの応用情報技術者試験に相当) 合格

栄光の裏に個人情報の駄々漏れが発覚...
でも, 例えば甲子園に出場した高校球児は全国的に名前を知られるわけで,
感覚的にはそれと同じことになるのかもしれない.

コメントを残す