gcc の文字コードの扱い

コンピュータ上でちょっとした作業
(ただし, 手作業では数が多すぎて面倒な場合) をしてみたいといったとき,
プログラムが組めるとある程度楽になる.
すっかり Linux を使うことがなくなったが,
ある程度はプログラムを組む機会があるので
MinGW を導入してみた.

これで無料のコンパイラを導入できたが,
一部のマルチバイト文字で処理に失敗.
最新の gcc (C コンパイラ) は文字コードの切り替えができるということで.
その機能をメモする.

gcc -finput-charset=cset -fexec-charset=cset ...

Windows プログラムの場合,
cset には cp932 を選択すればよい.

コメントを残す