コントローラーの改造

家庭用 beatmaniaIIDX で DP をやっていると,
ボタンの押し損ねがあまりにも多くなってきた.
なので, コントローラのボタンに改造を施すことにした.
方法はかつて Starlight Network というところで紹介されていたが,
残念ながらすでに閉鎖してしまっているので,
追記にてやり方を簡単に書いておく.

  • 用意する道具
    • 2mm 程度の厚さのゴム板
    • 両面テープ (もしくは粘着面があるゴム板を用意)
    • ボール紙 (空になったティッシュ箱を利用するとよい)
    • プラスドライバー
  • 準備しておくこと.
    • ゴム板を 5mm 角程度の大きさに切る. 全部で 28 個.
    • ボール紙を直径 12mm 程度に切る.
      これを 3 個ずつ貼り合わせたものを 7 個用意する.
  • 実際の作業
    1. コントローラーからボタンユニットを取り,
      ドライバーでねじを外す.
    2. 基盤が 2 箇所ねじ止めされているのでそれを外す.
    3. 基盤のボタンにあたる部分に白い四角が書いてあるので,
      その内側の角に 1mm 程の余裕を持ってゴム板をつける
      (ボタン 1 個に対し 4 個のゴム板を貼る).
    4. 導電ゴムとボタンの間にボール紙を入れる.
    5. ねじを全て元通りにする.

あとはボタンを押してみて感触を確かめる.
ストロークの調整をゴム板の硬さ調整.
感度はゴム板の厚さとボール紙 (の張り合わせる数) で調整する.

コメントを残す