統計検定準1級に合格しました

2018年6月に実施された統計検定の準1級に合格しました。

2018年6月実施分統計検定試験結果通知書
2018年6月実施分統計検定試験結果通知書

統計検定準1級合格証
統計検定合格証準1級

創設時の2011年のときは1級から4級までの4段階だったところ, 2015年から準1級が新設され, その初回に受験はしていたのですが当時は力が及ばなかっただけに感動も一入です.

準1級は5者択一マーク式(今回は24問)と記述試験(今回は数値のみの回答2問5か所, 小論述問題2問5項目, 論述試験1問)からなっているところ,
数値回答は致命的間違いがあって半分落とし、小論述問題は1問が空白、論述試験も 2 割 (さすがに空白はまずいと思いひねり出したものが1つ当たった)が
マーク式は 8 割方正解できたので、滑り込みで合格ラインに乗っかったというところでした。

統計検定は正確なボーダーラインと配点を公表していないので, 受験直後は完答できた人以外は合格発表までやきもきさせられるのですよね... 他の試験 (例えば, 情報処理技術者試験や放射線取扱主任者試験 (第1種及び第2種) は 6 割という情報を公表しているので, 統計検定もおそらくそれに倣っている (大学でも「可」の評価が出る) とは思いますが.

次は数学検定1級の再チャレンジです. 試験日は2018年7月22日(もうすぐ!)です.