羽生善治氏が竜王位を奪取し全永世称号獲得達成

今日はたまたま仕事が休みだったので, 竜王戦のネット中継を鑑賞していた. ちょうど挑戦者の羽生善治棋聖 (他に保持していた王位、王座は今年度中に失冠) が竜王戦七番勝負を三勝一敗で迎えていたところであった. 竜王戦の対局は持ち時間が八時間で二日制の対局であり, 今日が二日目であった.

手元に将棋ソフトを用意してネット中継を聞きつつ盤面を検討しながら鑑賞していた (時代は変わったものだ...) ところ, 昼食休憩前には大勢は決していたようだ.

最後は分かりやすく詰みの場面まで進んだ後, 渡辺明竜王の投了をもって羽生善治棋聖の竜王位奪取が確定し, 通算七期の竜王位獲得により永世竜王の称号が贈られることとなった.

羽生善治氏がプロデビューしたのは昭和60年 (1985年). 以来, ずっと第一線を走り続けてきたその力には畏敬の念を抱くばかりである.

永世称号の獲得条件一覧